夏も近づき、暑くなってきました。
夏の暑さはお肉の天敵です。届いたお肉はすぐに冷蔵・冷凍保存をしましょう。
しかしお肉の美味しさをキープするには、もう1つ注意したいことがあります。
そこで今回は、お肉の保存方法をお伝えしていきたいと思います。




1) ラップをお肉の上から被せて、お肉との隙間をなるべく無くすようにラップを密着させる。

2) 容器ごと更にラップで包む。
ラップを被せるだけで乾燥から防ぎ、保存状態が格段に良くなります。
しかし長期間の保存には向いておりませんので、なるべく早めに使い切って下さい。

長期間保存するためには、お肉が酸素に触れないように密閉させることが必要です。
そこで、ここからはジッパー付きポリ袋(以下、ポリ袋と記載)を使っていきます。





1) お肉をポリ袋の中に入れる。
2) 手でポリ袋を押し、中の空気を抜いていく。
※お肉を押さないように注意!

ポリ袋にお肉を入れる時は、入口を裏返してから入れると汚れずに済みます。

この方法でも充分に中の空気は抜けていますが、もっと密閉力を上げたいという方は次の方法を試してみて下さい。



1) ボウルや深底のトレイに水を入れ、ポリ袋をお肉の部分まで沈める。
2) ポリ袋を押し、中の空気を抜いていく。

お肉とお肉の隙間にある空気まで抜けるので、とても保存状態が良いです。
1週間以上保存するのであれば、この状態で冷凍しておくと良いでしょう。




お肉の保存を極めたい方は、真空パック器にも挑戦してみてください。
中の空気を極限まで除去することができます。
専用の袋に②と同じ要領でお肉を入れ、中の空気を抜きます。
袋の端を機械にセットし、「真空」のボタンを押します。



真空パックされたお肉の完成です!!
お肉の鮮度と味を保つために、保存方法を一工夫してみましょう♪

今回使用したお肉…
アイスランドラム肉 サイコロカット 約300g



保存方法も大事ですが、調理する前の解凍方法も大事です!
解凍方法の詳細はこちら↓ ↓ ↓ ↓ ↓
-お肉のシチュエーション別の解凍方法-