スーパーでは買えないレアなお肉や塊肉をご家庭で。 アイスランドラム、カナダビーフ、仔牛、牧草牛、馬肉、骨付き肉、BBQ肉”>
カナダビーフ オンラインショップ

高品質カナダビーフのオンラインショップへようこそ!


雄大な大地と自然の恵みをたっぷりと食べて育ったカナダビーフ。

コクとフレーバーがありとっても美味しいビーフです♪

色んな部位をご用意しておりますので、是非最後までご覧ください!




★コクのある脂と赤身 サーロインステーキカット【カナダビーフ】500g(約250g×2枚)


サーロインは脂身と赤身の両方を味わえるとても贅沢なお肉です。
大満足の1枚250g!
カナダビーフ最大の特徴の香りとコクをお楽しみください。
内容量:500g(約250g×2枚)
賞味期限:最低1か月以上




★上質なコク深い赤身 ミスジステーキカット【カナダビーフ】400g(約200g×2枚)

ミスジは柔らかさと赤身の美味しさを楽しめるお肉です。
食べ応えのある厚み!大満足の1枚200g!
歯切れのいい肉々しいお肉をご堪能ください。
水分量が多く、火を入れすぎると硬くなりやすいので、レア気味で焼くのがオススメです。
内容量:400g(約200g×2枚)
賞味期限:最低1か月以上




★凝縮した赤身の旨み おおぶりサイコロカット【カナダビーフ】500g


赤身の肉々しさコクのある旨み。
大ぶりサイコロステーキカットをカナダビーフで作りました。
ゴロゴロお肉がたっぷり500g!
凝縮した赤身の旨みををご堪能ください。
内容量:500g
賞味期限:最低1か月以上









【カナダビーフ 仔牛-Veal-(冷凍)】

仔牛の肉は高たんぱく低脂肪、成牛よりコレステロール値が低いヘルシーミートです。
キメ細かく柔らかい肉質、クセがなくさっぱりとした中に牛の味わいが感じられ、
イタリアン、フレンチレストランで広く使われています。
たまにはちょっといいお肉を、ご家庭でもいかがですか?



★Tボーンステーキ 1人前カット【カナダビーフ】【仔牛】 約200gアップ

ヒレとリブロースの両方が食べられる超贅沢なお肉、それがTボーンです。
仔牛の肉は高たんぱく低脂肪、成牛よりコレステロール値が低いヘルシーミートなのですが、
何より柔らかく瑞々しくてジューシー!
脂肪が少ないので火を入れすぎると硬くなりやすいため、両面をサッと焼き目をつけるくらいでちょうどよく調理も簡単!
一人前にちょうどいい200~250gサイズなのでお家のフライパンで手軽にレストラン気分を味わえます。
骨付き肉なのでBBQでもインパクトあり。
料理がもっと楽しくなり、インスタ映えも狙えるお肉です!
内容量:200g以上(平均約250gです)

賞味期限:最低1か月以上




★トマホーク(骨付きチョップ)【カナダビーフ】【仔牛】300gアップ

いわゆるマンガ肉...!! トマホークステーキです。
食べ応えのある1本肉でBBQで焼いたら大注目間違い無しのお肉です。
最も肉々しくジューシーな味わいを楽しめるリブロース肉を骨付きで。
厚みがあるので、じっくり火を通すことで仔牛の瑞々しい肉汁を味わえます。
内容量:300gアップ(平均約350gです)
賞味期限:最低1か月以上




★仔牛カツレツカット【カナダビーフ】【仔牛】90gアップ



本物のミラノ風カツレツが作れるカツレツ用カットです。
内容量:90gアップ(平均約115g)
保存温度帯:冷凍
賞味期限:最低1か月以上



【紹介動画】本物の仔牛のミラノ風カツレツの作り方





★濃厚でミルキーなホルモン  リードヴォー【カナダビーフ】【仔牛】400gアップ



仔牛にしかないホルモン...それがリードヴォー(胸腺肉)です。
しびれやスイートブレットなどと言われることもあります。
タイトル通りに濃厚、濃密でミルキーな味わい。
いくら火を通しても硬くならない...なんて言われていますが火を入れすぎても硬くなりづらく、
実はそんなに難しくない調理でお召し上がりいただけます。
ホルモン焼肉やソテー、フリット、煮込み料理等でお召し上がりください。
内容量:400gアップ(平均約500g)
保存温度帯:冷凍
賞味期限:最低1か月以上



【紹介動画】幻のホルモン!?リードヴォーのフリット






★上品でクセのないレバー【カナダビーフ】【仔牛】90gアップ


上品でクセの無い仔牛のレバーです。
加熱してお召し上がりください。

内容量:90gアップ(平均約115g)
保存温度帯:冷凍
賞味期限:最低1か月以上



WHY カナダ


1 安心と安全
カナダの全ての牛は、出生農場を離れる前に無線読み取り式タグの装着が義務付けられています。
そのデータベースを活用して迅速の個体識別が可能です。


2 安定、高品質
カナダの格付けは、連邦政府の定めた世界的にも厳しい基準に従い、専門の検査官が行います。
日本には主に最高品質のプライム、AAA、AAが輸出されています。


3 柔らかい肉質
カナダの牛は主にアンガス種を中心としてた肉専用種なので、高品質の柔らかい肉質が特徴。
進んだ遺伝学による後輩プログラムで優れた牛が生まれます。


4 穀物肥育
世界有数の穀物生産国カナダでは100%の牛が穀物肥育。西部では主に大麦、東部では主にトウモロコシを使い、
日本人好みの風味豊かな牛肉を生産します。



【紹介動画】Canada Beef Advantage



Why Canada Beef is delicious? -なぜカナダビーフは美味しいの?-



カナダビーフについてもっと詳しく知りたい方はこちら!



お肉のおいしい焼き方についてはこちら!